【超まとめ】楽天モバイルの評判は悪い?デメリット・メリットを紹介!【乗換方法も】

楽天モバイルは、正直、契約するだけでもお得なプラン。

 

まず、1GB以内なら「月額料金が0円」、キャンペーンで、乗り換えるだけで高額ポイントがもらえることを考えると、だれが契約しても損はなしかと。

 

しかし、実際に契約するとなると、

  • 「どれくらいお得なの?」
  • 「良い話ばかりで、ホントは裏があるんじゃないの?」

と気になりますよね。

 

そこでこの記事では、「Rakuten UN-LIMIT VI」のプラン内容や、デメリットを分かりやすく解説します。

 

安心して契約を進めるために詳細をチェックしていきましょう。

 
楽天モバイルがおすすめな人は以下のような人です。 
 
キャンペーン開催中

2021年夏、顧客満足度No1「楽天モバイル」では、
最大25,000ポイント還元キャンペーンを開催中です!

 

ぜひこの機会にご利用をご検討ください。

\ 1GB以下ならずっと無料/

 

目次

楽天モバイルの料金や速度はどう?評判まとめ

楽天モバイルの概要】

対応エリア 日本全国
使用回線
  • 楽天回線(楽天エリア)
  • パートナー回線(楽天エリア外)
音声通話料金 Rakuten Linkアプリ使用で国内通話無料(未使用の場合、22円/30秒(※)
平均通信速度(※1) 楽天回線
下り 32.62Mbps   上り 18.51Mbps
パートナー回線
下り 15.48Mbps   上り 8.53Mbps
速度制限 楽天回線:速度制限なし
パートナー回線:最大1Mbps
契約期間 なし
初期費用 0円
月額料金(※1) ~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
20GB〜無制限 3,278円
支払い方法
  • クレジットカード/デビットカード
  • 口座振替
  • 楽天ポイント利用
キャンペーン内容
  • 最大25,000ポイントの還元

※価格は税込
※1:みんなのネット回線速度参照

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみで、ユーザーの満足度が高いのが特徴です

 

たとえば、MMD研究所が発表した「2021年夏の大手4キャリアの満足度と契約状況調査」の結果によると、総合満足度で楽天モバイルが1位を獲得しています

 

さらに「人に薦めたいと思うか」を表す「NPS(=ネットプロモータースコア)」も楽天モバイルが1位

家族や友人に楽天モバイルを薦めたいと思う人が多いのは、良いサービスを提供している証拠ではないでしょうか。

 

また、⾒えない満⾜を可視化する株式会社oricon MEの顧客満⾜度調査「2021年 オリコン顧客満⾜度®調査」は、楽天モバイルが『携帯キャリア』総合ランキング1位に輝いています。

 

項目別に見ると、楽天モバイルは9項目中6項目で1位。とくに手続きのしやすさ、料金プランは他社と比べて高い評価を得ています

 

前置きが長くなりましたが、気になる料金プランと速度の評判を、かんたんに紹介していきます!

料金プランが最安クラス

料金プランは1つのみで使った分だけ料金がかかります。20GB以上はいくら使っても3,278円です。

 

使ったデータ量が少ないほど安くなり、1GBまでなら0円!

 

楽天モバイルの料金プランは、他社と比較して、最安クラスになるように設定されています。

 

まさに楽天モバイルが広告で言っているように「使う人も使わない人もOK」「全国民に最適なワンプラン」ということですね。

 

主要なキャリア・格安SIMと料金を比較して表にしました。

キャリア 〜1GB ~3GB ~20GB
Rakuten
UN-LIMIT VI
0円 1,078円 2,178円
ドコモ
ahamo
2,970円
au
povo2.0
390円 990円 2,728円
ソフトバンク
LINEMO
990円 2,728円
UQモバイル
くりこしプラン
1,628円 2,728円
mineo
マイピタ
1,298円 2,178円

 

速度の評判は賛否両論

楽天モバイルの回線速度は賛否両論。「速い!」と「遅い!」の意見があります。

 

利用する「場所」や「時間」、「繋がる回線」によって速さに差がでるためですね

 

ユーザーの速度の評判をみると、とくに利用する「場所」で差が出るようです。

田舎の速度が遅いという声が少なくありません。

 

みんなのネット回線速度で、都会(東京)と田舎(長野)の速度情報をあつめました。

 

楽天モバイルには、

  • 楽天回線
  • パートナー回線

があるので、まずは楽天回線(キャリア)の速度です。

つづいて、楽天モバイルのパートナー回線(au回線)です。こちらも東京と長野の比較。
※au回線のため、以下では格安SIMと表記されています


引用:みんなのネット回線速度

都会(東京)と田舎(長野)の速度を比較するとやはり田舎は低速気味

 

とはいえ、楽天モバイルを利用する「場所」によってはWi-Fiより速いという方がいました

 

楽天モバイルの速度は接続場所によって大きく変わるため、実際のところは使ってみないとわからないです。

 

楽天モバイルはお試し利用も可能解約にかかる料金は0円なのでお試しでも安心です。

楽天モバイルの7つのメリット

では、楽天モバイルのメリットを、実際に利用している人の評判も交えながら解説していきましょう。

楽天モバイルのメリットは7つ。

データ容量無制限で、速度制限もない

楽天回線エリア内ならデータ容量無制限で高速通信を使い放題です。通信制限もありません。

 

大手キャリアの無制限プランは月額8,000円程度と高額ですが、楽天モバイルだと月額3,278円と格安です。

 

ただし、楽天エリア外は月5GBまで。使い切ると最大1Mbpsの通信制限がかかるためご注意ください。

 

詳しくは【楽天エリア外は月5GBまで】で解説しています。

キャンペーンが豊富でお得

楽天モバイルのキャンペーンは、おトクな上に種類が豊富です。

【楽天モバイルのキャンペーン】

  キャンペーン内容
製品購入キャンペーン ・新規契約と同時に対象機種を購入すると、楽天ポイントを最大20,000ポイントもらえる
iPhone超トクのりかえキャンペーン
最大20,000ポイント還元
・新規契約で「だれでも5,000ポイント」もらえる
・他社からの乗り換えで楽天ポイントを、さらに15,000ポイントもらえる
Rakuten mini
本体価格1円
・新規契約と同時にRakuten miniを本体価格1円で購入できる
Rakuten Hand実質0円 ・新規契約と同時にRakuten Handを実質0円で購入できる

 

中でも見逃せないキャンペーンを紹介!

 

✔ iPhone超トクのりかえキャンペーン

他社から乗り換えるだけで、最大20,000ポイントの還元されるキャンペーン。

ポイントの内訳は、

  • 誰でももらえる5000ポイント
  • 他社から乗り換えるだけでもらえる15,000ポイント

合計20,000ポイントです。

 

しかも、契約事務手数料やMNP転出料も無料です

通話は0円でかけ放題

楽天モバイルの強烈なメリットのひとつ、アプリを使うと通話料が0円になる点。

 

楽天モバイルのアプリ「Rakuten Link」からは、固定電話も携帯電話もかけ放題です

 

契約期間・違約金なし

楽天モバイルは契約縛りが一切なく、いつ解約しても違約金がかかりません

 

解約時に高額の違約金がないから、楽天モバイルをお試しで使うこともできます。

テザリングが申込不要で無料

楽天モバイルでは、テザリングの申し込みが不要、かつ無料で利用できます。

 

テザリングでの通信も楽天回線エリア内ならデータ量無制限なので、Wi-Fiのない場でもパソコンなどを使うことも可能です。

テザリングとは、パソコンやタブレットなどからスマホのネットワークに接続し、モバイルルーターのように使う方法

 

大手キャリアだと別途申込が必要な場合や追加料金が発生することもありますが、楽天モバイルでは不要です。

スマホがポケットWi-Fiの代わりにもなるということですね。

支払方法の選択肢が豊富

楽天モバイルでは支払い方法の選択肢が3つもあります。

  • クレジットカード/デビットカード
  • 口座振替
  • 楽天ポイント利用

クレジットカードを持っていない場合、口座振替はうれしいですよね。

 

ただし、口座振替の場合、

  • 製品代金の支払いができない
  • 毎月の引き落とし時に手数料が110円かかる

などのデメリットがあるためご注意ください。

楽天ポイントがザクザク貯まる

楽天モバイルを契約すると、楽天SPU(楽天スーパーポイントアッププログラム)で楽天ポイントが+1倍!

 

ポイントが貯まりやすくなります。さらに、楽天モバイルキャリア決済なら+0.5倍で、楽天カードで支払いをすれば+2倍です。

上記のように楽天SPUを最大限に活用している方もいました。

 

楽天市場で普段からよく買い物をする方、楽天ポイントを貯めている方は、かなりのメリットではないでしょうか。

 

楽天モバイルの気になる評判と7つの注意点

楽天モバイルを契約するメリットはたくさんありましたが、一方で注意点もあります

 

ここでは、以下の7つの注意点を、Twitterでの口コミも交えながらご紹介しましょう。

無制限で使えるエリアが限られている

楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)だと、月に5GBまでしか高速通信を利用できません

 

無制限で使うなら、スマホをよく使う場所が楽天回線対応のエリアにいることが必要があります

楽天回線エリアを確実に調べる方法を紹介しているので、こちらを契約前にご確認ください。

 

ただ、楽天回線エリアは拡大中なので、将来的にエリア内になる可能性もあります。

楽天エリア外は月5GBまで

エリア外で繋がるパートナー回線は月5GBまでしか高速通信ができません

 

5GBのデータ容量を使い切ると、最大1Mbpsに通信速度が制限されます。

 

とはいえ、1Mbpsは意外と快適に使える速度なんです。(1Mbpsの詳細はこちらの記事

 

5GB以内で利用する場合は以下の表を参考にしてみてください。

【スマホで5GBのデータ量でできること】

  やること 5GBでできる上限
WEB閲覧 一般的なWEBページを開く 約16,500回
SNS Instagram写真閲覧 約6時間
動画視聴 YouTubeで360p(違和感なく見られる)の動画を視聴する 約15時間
LINE音声通話 LINE音声通話を使う 約225時間

 

WEB検索をしたり、LINEを使った通話などの必要最低限の用途なら5GB以内に収まるでしょう。

電波の不安定さは否めない

楽天モバイルの電波は安定しないですね。「急に圏外」「アンテナあるのに通信エラー」など。

 

楽天モバイルが使用する電波の性質、基地局(電波塔)の数が影響しています

 

上記はツイートはまさに電波の性質によるもの。楽天モバイルにはプラチナバンドがないのが痛いところです。

プラチナバンドとは、700M~900MHzの周波数帯のことで、最もつながりやすい電波。

 

つづいて、基地局(電波塔)の数ですが、都会と田舎の比較画像です。

 

東京と比較すると、田舎である長野の少なさが否めません。【基地局をの調べ方の記事のリンクを貼る】

 

とはいえ、スマホを利用する場所によって繋がりやすさや速度が変わるのは大手のキャリアも同じ。

 

上記のツイートをみてわかるように、楽天モバイルが極端に繋がりにくかったり速度が遅かったりするわけではないですよ

月3GB〜5GBの人は損

月のデータ使用量が安定して3〜5GBの人は、楽天モバイルのプランだと割高になってしまうかも

 

3〜5GBしか使わないのが確実であれば、他の格安SIMの方が断然格安です。

 

【5GBプランで他社との比較】

格安SIM名 料金(5GBプラン)
楽天モバイル 1,980円(3〜20GB)
mineo(マイネオ) 1,518円(5GB)
IIJmio(アイアイジェーミオ) 980円(4GB)
  • 月のデータ使用量が安定して3〜5GB
  • 電話もしない
  • 楽天市場で買物もしない

 

以上の方は他の格安SIMを検討しましょう。

 

徹底的に安く、また田舎でのつながりやすさを求めるのなら、docomoの回線を使っているIIJmioがおすすめです。

アプリを利用しないと通話料がかかる

Rakuten Linkアプリを利用せずに通話をすると、通話料金が22円/30秒かかります

 

無料にしたいなら必ずアプリからの発信が条件なので、手間もかかります。

 

例えば、ネットでお店を検索したとき。
普段はリンクから通話するかと思いますがこれだと無料になりません。

 

また、アプリを使っても無料にならない番号もあるのでご注意ください。例えば、「0570」から始まる番号。佐川急便とかですね。

 

しかし、以下のように発信する前に確認メッセージが表記されるので安心です。

キャリアメール(@au.comなど)は利用できない

楽天モバイルは、@au.comなどのようなキャリアメールが使えません。Gmailなどのフリーメールで代用するようになります。

 

キャリアメールで様々な登録をしている人は、Gmailアドレスなどを作り、事前に変更をしておきましょう。

トラブル時のお客様サポートは期待できない

楽天モバイルのお客様サポートは店舗とオンラインがありますが、期待できません。

 

口コミのまとめが以下。

  • チャットなのに長い事応答がなく、酷い時は数日かかる
  • 「急ぎ対応」にして既読になっても返答無し
  • カスタマーはチャット相談の履歴を見ない
  • 問い合わせても担当者間でたらい回しされる
  • 明確な回答がない
  • 何度も本人確認をさせられる
  • カスタマーサポートの人が自社のサービスを知らない
  • 責任者からの返答もチンプンカンプン

トラブルの原因を自分で調べたり、ある程度自力で解決する力が必要です。

楽天モバイルはこんな人に向いている!

楽天モバイル がおすすめなのは次のような人です。

楽天エリアでたくさんギガを使いたい人

データ容量をたくさん使いたい人は楽天モバイル一択

 

docomoやauにも無制限プランがありますが、月額料金が高額です。楽天モバイル なら月額3,278円という価格で無制限に高速通信ができますよ。

 

ただし、高速無制限になるのは楽天回線エリアのみなので注意です。

0GB〜3GB未満のデータ消費量の人

データ容量をほとんど使わない人にも最適なプランです。とくに、安定して月3GB未満データ消費量の人にはおすすめ

 

なぜなら、3GBまでなら1,078円で、さらにいうと、1GB以下なら月額料金が無料

 

全く使わない月もあるのなら、楽天モバイルが断然お得ですよ。

楽天市場でよく買い物をする人

楽天市場でよくお買い物しますか?お買い物マラソンしますか?もしそうであるのなら、楽天モバイルはおすすめ。

 

楽天モバイルを契約すると楽天SPUが+1倍になるので、ポイントが貯まりやすくなります。楽天のポイントアップはバカにできません。

 

ふるさと納税も楽天市場ですると、ポイントで自己負担額の2000円分すらもポイント還元され、むしろプラスになる方もいるようですよ

自宅に光回線(Wi-Fi)がない人

楽天モバイルテザリングが無料で申し込み不要のため、Pocket WiFiのようにも使えます。

 

自宅に光回線(Wi-Fi)がなければ、楽天モバイルのスマホをテザリングしてWi-Fiとして使うのもありですね。

 

ただし、自宅内が楽天回線エリア内である必要があります。

楽天回線エリア内であれば、月間データ容量の上限が決まっているモバイルWiFiルーターを契約するよりも、断然お得です

固定電話によく電話をする人

楽天モバイルなら、固定電話によく電話する機会がある人は通話代がいらなくなります。

 

例えば、病院への発信。ほかにはお店の予約や注文。こちらも数分は通話する上に電話する機会も多いと思います。

 

Rakuten Linkアプリから発信すれば、上記のことも0円でかけ放題です。

乗り換えもかんたん!楽天モバイル開通までの4ステップ

では、楽天モバイルの申し込みから利用開始までの手順をわかりやすくご説明します。

  1. 契約に必要なものをそろえる
  2. 公式ページから「Rakuten UN-LIMIT」を申し込む
  3. 端末・SIMカード到着後、初期設定やMNP手続きを行う
  4. Rakuten Linkをダウンロードし、利用を開始する

① 契約に必要なものをそろえる

契約前に、必要なものすべてを準備しましょう

必要なものは以下です。

  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 楽天会員のIDとパスワード
  • 契約者本人名義のクレジットカード情報、または銀行口座情報
  • MNP予約番号(今の電話番号のまま乗り換える場合)
  • SIMロック解除したスマホ(いまお持ちのスマホで乗り換える場合)

本人確認書類は原本が必要です。

支払い方法は、口座振替にも対応していますが手数料100円(税抜)がかかるので注意してください。
また口座振替はスマホを分割購入できません。分割購入するのなら、クレジットカードを用意くださいね。

MNP予約番号は発行方法は以下で、とてもカンタン!

MNP予約番号の発行方法
  WEB 電話
ドコモ ドコモオンライン手続きの「番号ポータビリティ」(9時~21時30分) 151への電話(9時~20時)
au My auの「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容/手続き」→「お問い合わせ/手続き」→「MNPご予約」(9時~20時) 0077-75470(9時~20時)
Softbank My Softbankで発行(9時~20時) 5533(9時~20時)

店舗でも発行可能ですが、WEBが一番手っ取り早いです

MNP予約番号は有効期限が15日間。取得したらすぐに楽天モバイルに申し込みましょう。
有効期限が切れてしまっても、再度取得することが可能なので問題ありません。

今使っているスマホをそのまま利用する場合はSIMロック解除をお忘れなく

SIMロック解除とは

大手3社で購入するスマホは、購入したキャリアのみ通信可能。これは、SIMロックという制限がかかっているためです。「SIMロック解除」をすることで、別のキャリアのSIMカードを挿しても通信可能になります。

SIMロック解除の方法については、各キャリアのホームページに掲載されていますので、ご確認ください。

・auのSIMロック解除の方法はこちら
・ドコモのSIMロック解除の方法はこちら
・ソフトバンクのSIMロック解除の方法はこちら

次にお持ちのスマホの機種が、楽天モバイルで動作確認が取れているかを確認します。

楽天モバイルの動作確認一覧は、こちらです。
上記サイトで、お手持ちのスマホが動作確認されていることを必ず確認しておきましょう。

② 公式ページから「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を申し込む

必要なものがそろったら、楽天モバイルの公式サイトにアクセスして申し込みを行います。

ここでやることは3つ。

  • 1.申し込みフォームにアクセスする
  • 2.購入機種、オプションサービス、SIMカードタイプを選ぶ
  • 3.契約者情報などを入力する

1.申し込みフォームにアクセスする


楽天モバイルの公式サイトにアクセスして、「お申し込み」を選択します。
「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」プランを選択しましょう。

2.購入機種、オプションサービス、SIMカードタイプを選ぶ


持ち込みスマホあんしん保証、あんしん安全パックなどのオプションサービスを、必要に応じて選択します。

  1. スマホを新規購入しない場合は、SIMカードタイプを選びます。
  2. お手持ちのスマホに合ったSIMカードタイプを選びましょう。
  1. 「製品選択へ進む」を選び、購入したい機種を選びます。
  2. カラーや容量、支払い回数を選んだら、「カートに入れる」を選択します。

購入するスマホやSIMカードのタイプを選択したら、右上のカートのマークを選ぶと、現在選択中の内容が表示されます。

内容を確認して問題なければ、「この内容で申し込む」を選択します。

3.契約者情報などを入力する


楽天会員サイトにログインを求められるので、ログインIDとパスワードを入力してログインします。

必要な入力事項は4つ。

  • 本人確認書類(免許証など)のアップロード
  • 電話番号選択
  • 受け取り方法と支払方法の選択
  • 申込内容の確認

・本人確認書類(免許証など)のアップロード
免許証などの本人確認書類の画像を、アップロードします。

・電話番号選択
MNPの場合は、「他社から乗り換え(MNP)」を選択し、MNP予約番号を入力します。
電話番号を指定する場合は「選べる電話番号サービス1,100円」を選択し、希望する下4桁の番号を入力して利用できる番号を選びます。

指定しない場合は「新規電話番号を取得」を選択し、番号を選んでください。

・受け取り方法と支払い方法の選択
受け取り方法を、「自宅」か「店舗受け取り」のどちらかを選びます。

また、支払い方法を選択します。

・申込内容の確認
申込内容を確認し、問題なければ申し込みを確定させます。
重要事項説明・利用規約の確認をしてチェックをします。

これで、申し込みは完了です。

③ 端末・SIMカード到着後、初期設定やMNP手続きを行う

端末やSIMカードが到着したら、以下の3つの手続きをおこなってください。

  • 1.SIMカードの挿入
  • 2.初期設定
  • 3.MNP開通手続き(MNPで番号を引き継いで乗り換える場合)

1.SIMカードの挿入


スマホにSIMカードを挿入して、スマホを起動してください。

2.初期設定


スマホを起動したら、以下の楽天モバイルサポートページを参考に、初期設定をおこないましょう。

3.MNP開通手続き(MNPで番号を引き継いで乗り換える場合)


MNPで他キャリアから番号を引き継いで乗り換えた場合は、MNP手続きが必要です。

MNP手続きをおこなう時間帯とMNPが完了する時間は以下のとおりです。

  • 9:00~21:00⇒当日中にMNP完了
  • 21:01~翌8:59⇒翌日の9:00以降

21時までにMNP手続きをすれば、当日中にMNP手続きができます。

購入した楽天モバイルスマホ以外のネットワーク回線を使い、楽天モバイル公式サイトのMNP開通ページからmy楽天モバイルにアクセスしてください。

メニューの「お申込み履歴」を選び、該当の申込番号を選択しましょう。
「MNP転入する」を選ぶと、MNP開通手続きは完了です。

④ Rakuten Linkをダウンロードし、利用を開始する

Rakuten LinkをGoogle PlayやApp Storeからダウンロードし、利用を開始しましょう。

楽天モバイルでスマホを購入した場合は最初からダウンロードされています。

Rakuten Link

Rakuten Link
開発元:Rakuten Group, Inc.
無料
posted withアプリーチ

これですべての準備が終わり、利用開始できます。

楽天モバイルの解約方法

楽天モバイルの解約は、Webとアプリでできます。
他キャリアのように電話での手続きやショップに行くなどの必要がなく、簡単に解約ができます。

ただし、解約は完了してしまうとキャンセルできないので、ご注意ください。

my 楽天モバイルアプリでの解約手順

my 楽天モバイルのアプリからプランを解約する場合は、以下の手順を順番に進めましょう。

  1. アプリを開き、「契約プラン」タブをタップする
  2. 「各種手続き」を選択し、「解約」を選ぶ
  3. 画面の指示に従って注意点を確認、アンケートに回答する
  4. 「申込みを完了する」ボタンをタップする

アプリなら事前にログイン済みであれば、あっという間に解約できますよ。解約手続きが終わると、解約完了の連絡メールが届きます

Webサイトからの楽天モバイル解約手順

my 楽天モバイルのWebサイトから解約を行う場合も、手順はアプリと同じです。

  1. ログインし、メニュー項目で「契約プラン」をクリックする
  2. 「各種手続き」項目の中にある「解約」を選ぶ
  3. 注意事項を確認し、「アンケートに進む」からアンケートに回答する
  4. 「申し込む」ボタンをクリックする

以上の手順を終えると解約完了を知らせるメールが届き、解約手続きは完了します。

楽天モバイルに関するよくある質問

楽天モバイルに関するよくある質問をまとめたので、参考にしてみてください。

  • 楽天モバイルの月額料金は?
  • Rakuten Linkって何?
  • 音声通話がかけ放題にならない条件はある?
  • 楽天ポイントは何に使える?
  • 楽天回線に対応しているエリアの確認方法は?
  • キャンペーンが適用されているか、いつポイントが付与されるか知りたい

楽天モバイルの月額料金は?

楽天モバイルの月額料金は使った分だけ料金がかかります。
最大でも3,278円で、以下のとおりデータ量が少ないともっと安くなります。

【楽天モバイルの月額料金表】

月間データ利用量 月額料金
~1GB 0円
~3GB 1,078円
~20GB 2,178円
無制限 3,278円

※価格はすべて税込

Rakuten Linkって何?

Rakuten Linkとは、楽天モバイルの通話専用アプリです。
Rakuten Linkを使って通話すれば通話料金が無料になるため、アプリの利用をおすすめします。

音声通話がかけ放題にならない条件はある?

Rakuten Linkから発信しても音声通話が0円にならない条件は、かけ放題の対象外となる電話番号へ通話を行った場合です。

Rakuten Linkを利用しなかった場合も、通常の通話料金がかかるため注意しましょう。

楽天ポイントは何に使える?

楽天ポイントは、1ポイント1円で楽天モバイルの支払いや楽天市場などを使ったお買い物に使えます。
楽天Payを使えば店舗でのお買い物に使えるうえ、楽天ポイントからEdyやANAマイルなどに変換して使うことも可能です。

楽天モバイルの支払いでポイントを貯められるので、貯まったポイントを使えばお得にお買い物ができるでしょう。

楽天回線に対応しているエリアの確認方法は?

公式サイトで確認できます。お住まいの住所を入力するだけなのでカンタンです。

ただし、公式サイトより正確に調べたいという方は以下の記事を参考にしてください。

【公式サイトのエリアは嘘?!】楽天モバイルの本当のエリアの確認方法を徹底解説

キャンペーンが適用されているか、いつポイントが付与されるか知りたい

引用:楽天モバイル公式

まとめ

ここでは、楽天モバイルの詳細やメリット・注意点、楽天モバイルがおすすめできる人はどのような人か、申し込み方法・解約方法などについてご説明しました。

楽天モバイルを契約するメリットは以下の9つです。

  • データ容量無制限で、速度制限もない
  • キャンペーンが豊富でお得
  • 通話は0円でかけ放題
  • 契約期間・違約金なし
  • テザリングが申込不要で無料
  • 支払方法の選択肢が豊富
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる

楽天回線エリア内なら無制限に高速通信を使えます。

しかも、月額料金が3,278円と格安なのがメリットとしてとても大きいです。

しかし、一方で以下のような注意点もあります。

  • 無制限で使えるエリアが限られている
  • 楽天エリア外は月5GBまで
  • 電波の不安定さは否めない
  • 月3GB〜5GBの人は損
  • アプリを利用しないと通話料がかかる
  • キャリアメール(@au.comなど)は利用できない
  • トラブル時の店舗・オンラインサポートは期待できない

とくに「常に月3GB〜5GBの人」は他の格安SIMを検討した方がお得になる場合があります。

田舎でつながりやすさを求めるなら、docomo回線を使っている格安SIM、「IIJmio」です。

上記のメリットと注意点をまとめた結果、楽天モバイルがおすすめなのは以下のような人。

  • データ容量をたくさん使いたい人
  • 0GB〜3GB未満のデータ消費量の人
  • 楽天市場でよく買い物をする人
  • 自宅に光回線(Wi-Fi)がない人
  • 固定電話によく電話をする人

この記事を読んで楽天モバイルが自分に合っているかを確認し、合っていると感じた場合はぜひ契約してみてください。

キャンペーン開催中

2021年夏、顧客満足度No1「楽天モバイル」では、
最大25,000ポイント還元キャンペーンを開催中です!


ぜひこの機会にご利用をご検討ください。