楽天モバイルとIIJmioを徹底比較!絶対に失敗しない田舎での選び方を紹介します

楽天モバイルとIIJmioどっちにしようか悩んでいる方にむけて、どちらも使ったことのある私が両者を徹底比較しました。

本記事は実際に使って感じたデメリットもまとめたので、この記事を読めば迷わず選べること間違いなしです!

ではいきましょう!

\今なら6ヶ月440円割り/

\最大24,000ポイント還元/

【結論】楽天モバイルとIIJmioどっちがおすすめ?

楽天モバイルがおすすめな人・IIJmioがおすすめな人それぞれ紹介します。

楽天モバイルがおすすめな人

  • 子どもがいる人
  • 通話量が多い人
  • 通信量を使ったり使わなかったりする人
  • 楽天カードや楽天市場など楽天まわりを使っている人

楽天モバイルの料金は従量制で使った分だけ。3GB未満なら1,078円、どれだけ使っても3,278円なので、車内で子どもにYou Tubeをせがまれてもギガに困ることはありません。

病院や保育園と固定電話にかける方にもぴったりで、楽天モバイルなら固定電話が無料になります。

また、楽天経済圏を活用しているなら楽天ポイントポイントアップ(+1倍)。支払いもポイントが使えます。

IIJmioがおすすめな人

  • 通信量が少ない人
  • 徹底的に節約したい人
  • 安定したつながりがいい人
  • 速度をそこまで気にしない人

IIJmioは容量2GB〜プランを選べるため、徹底的に節約したい人にはすごく向いています。

電波もドコモ回線かau回線で選べるので圏外の心配はなし。

速度は爆速ではないものの、スマホをそこまでいじる人でなければ気にならないのでそんな方におすすめです。

\今なら6ヶ月440円割り/

\最大24,000ポイント還元/

楽天モバイル vs IIJmio!比較してみた

楽天モバイルとIIJmioを比較しました。

  IIJmio 楽天モバイル
月額料金 2GB:850円(税込)
4GB:990円(税込)
15GB:1,800円(税込)
20GB:2,000円(税込)
3GBまで:1,078円(税込)
20GBまで:2,178円(税込)
20GB以降:3,278円(税込)
支払方法 クレジットカード

クレジットカード
デビットカード
口座振替
楽天ポイント

初期費用 3,300円(税込) 0円
平均速度※2 受信速度:50.31Mbps
送信速度:12.19Mbps
受信速度:54.33Mbps
送信速度:25.62Mbps
通信制限 低速時0.3Mbps
  • 楽天回線:無制限
  • パートナー回線:5GBまで(低速時1Mbps)
エリア ドコモ
au
楽天
au
5G対応
キャンペーン
  • 6ヶ月間440円割
  • eSIM初期費用550円
  • スマホ特価セール
  • 新型iPhoneセットで最大24,000ポイント還元
  • 乗り換え8,000ポイント還元
  • RakutenHand1円
ポイント なし 楽天ポイント1%還元+SPU+1倍

キャンペーン内容や事務手数料を考えると、楽天モバイルのほうがお得さに軍配が上がります。

とはいえ、IIJmioもキャンペーンにより2GBを6ヶ月間410円で使えるため、負けていません。

\今なら6ヶ月440円割り/

\最大24,000ポイント還元/

楽天モバイルとIIJmioのデメリットは?

それぞれにデメリットがあるので、比較材料にしてください。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルのデメリットは一つ。

  1. 電波

楽天モバイルは電波さえ良ければ最高なんですけど、いかんせん電波の弱さは否めません。なので電波がきちんと届くかどうか事前に確認する必要があります。

以下記事では、公式では教えていない、でも公式より信憑性のある電波エリアの確認方法を載せているので参考にするといいです。

もし、電波が確認できたら、その場で楽天モバイルは使えます。

IIJmioのデメリット

IIJmioのデメリットは2つ。

  1. 速度が遅い
  2. 初期費用が高い

まず、速度。IIJmioの速度は数値上では速いんですが体感かなり遅いです。原因がPing値(反応速度)の高さ。

Ping値は50msくらいが普通ですが、IIJmioは平均100ms以上。SNSをガシガシ使う人はストレスになるPing値(反応速度)です。

2つ目が初期費用の高さ。無料になっているところが増えてきていますが、IIJmioは3,300円なので、実質負担額は増えてしまいます。

そうなると、初期費用0円の楽天モバイルより優れているのは「電波の繋がり」だけですね。

\今なら6ヶ月440円割り/

\最大24,000ポイント還元/

楽天モバイルとIIJmioの乗り換え方法【どちらも共通】

以前はスマホの乗り換えは複雑でしたが今は非常に手続きが簡単。大まかな流れは楽天モバイルとIIJmioで共通です。

  1. 契約中の通信事業者でMNP予約番号を発行する
  2. 楽天モバイル、UQモバイルの公式HPから申込をする
  3. SIMカードの到着を待ち、初期設定をすれば開通!

最も気をつけたい点は「申込をする前に必ずMNP予約番号を発行する」ということ。

スマホの乗り換えにはMNP予約番号が必要なため、申込をする前に必ずMNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号の発行方法
  WEB 電話
ドコモ ドコモオンライン手続きの「番号ポータビリティ」(9時~21時30分) 151への電話(9時~20時)
au My auの「スマートフォン・携帯電話」→「ご契約内容/手続き」→「お問い合わせ/手続き」→「MNPご予約」(9時~20時) 0077-75470(9時~20時)
Softbank My Softbankで発行(9時~20時) 5533(9時~20時)

店舗でも発行可能ですが、WEBが一番手っ取り早いです。また、乗り換え時の違約金制度は廃止されているのでご安心を。

今使っているスマホをそのまま利用する場合はSIMロック解除をお忘れなく

SIMロック解除とは

大手3社で購入するスマホは、購入したキャリアのみ通信可能。これは、SIMロックという制限がかかっているためです。「SIMロック解除」をすることで、別のキャリアのSIMカードを挿しても通信可能になります。

SIMロック解除の方法については、各キャリアのホームページに掲載されていますので、ご確認ください。

・auのSIMロック解除の方法はこちら
・ドコモのSIMロック解除の方法はこちら
・ソフトバンクのSIMロック解除の方法はこちら

次にお持ちのスマホの機種が、楽天モバイルで動作確認が取れているかを確認します。

楽天モバイルの動作確認一覧は、公式サイトの対応製品一覧で確認です。

上記サイトで、お手持ちのスマホが動作確認されていることを必ず確認しておきましょう。

\今なら6ヶ月440円割り/

\最大24,000ポイント還元/

まとめ:何を重要視しますか??

IIJmioは圏外になることがないのでそこは安心です。

楽天モバイルは圏外だけが心配ですが、そこがクリアできれば多点で楽天モバイルに軍配が上がります。

以下記事で電波が確認できたのなら、メリットが多いのは楽天モバイルですね。

今ならだれでも8,000ポイント還元されるので、3GBなら約7ヶ月無料でつかえますよ!

 

\今なら6ヶ月440円割り/

\最大24,000ポイント還元/

関連記事

「楽天モバイルにして後悔した…」という声もあるようですが実際はどうなのでしょうか。 MMD研究所(日本最大のモバイル専門調査機関)が発表する楽天モバイルの実際の満足度調査では、楽天モバイルが総合満足度1位になっていました。 この[…]