楽天モバイルの電波悪い!屋内に弱い楽天モバイルの電波対策、教えます

「楽天モバイル、電波悪い!」「屋内のつながりにくさの対策を知りたい!」とお悩みですか??僕も楽天モバイルユーザーですが、屋内で圏外になったことがしばしば。

 

電波の悪さは否めないな、というところです。

 

そこで今回は、ユーザーの僕がやっている楽天モバイルの電波が悪い屋内での対策法をご紹介。あわせて「なぜ楽天モバイルは電波が悪いのか」も解説していきます!

楽天モバイルの電波が悪いのはなぜ?理由は1つ

楽天モバイルの電波が悪い理由は1つ。楽天モバイルの電波は「障害物に弱いから」です。

 

たとえば、屋内。圏外になるという声が多い場所のひとつですが、屋内だと壁に電波が遮られて、圏外になったりつながりにくくなったりします

 

つながりにくさのカバー役として「パートナー回線」がありますが、ローミングが順次終了しパートナー回線が使えなくなっているのもあり、圏外が多発しているのが現状です。

関連記事

「楽天モバイルが屋内で前より繋がりにくくなってる?」「使えなくなった?」と感じてますでしょうか。   僕が住んでいる田舎地域でも、前はつながっていたエリアが圏外になったという場所があります。つまり、前より繋がりにくくなっている[…]

IMG

屋内での電波対策をしましょう!

楽天モバイルの電波が悪い屋内での対策法 3つ

くわしく紹介していきます。

対策1:機内モードのオンオフや再起動を試す

まず試してほしいのが、機内モードのON/OFF、スマホの再起動。電波が復活することがあります。

対策2:Wi-Fiスポットを探す

Wi-Fiスポットを探すのもありです。Wi-Fiさえ繋がっていれば、圏外でも着信以外のことは可能になります。

 

もし、屋内で圏外になってしまう場合は、Wi-Fiの利用も検討しましょう。

対策3:サブ回線を契約しておく【おすすめ】

サブ回線を契約しておくと、とても安心です。

サブ回線とは…楽天モバイルとはべつの格安SIMのことで、一つのスマホで2つの回線を使う方法

 

万が一、楽天モバイルが圏外になったとしても、サブの回線がしっかり繋がっていれば通信ができるからです。

 

たとえば、屋内で調べものやLINEでの連絡の取り合い。楽天モバイルが圏外だとこれらは不可能ですが、サブ回線があれば問題なしです。

 

楽天モバイルを使うならサブ回線の契約が得策です。筆者の私もそうしています。

【これ一択】サブでおすすめな格安SIM

サブ回線としておすすめなのが、IIJmio(アイアイジェーミオ)という格安SIM。むしろこれ一択ですね。

 

IIJmioは、2GBで税込440円〜という驚きの安さのプランがあります。詳しくは「ギガプラン(eSIM)」。音声SIMでもデータSIMでもなくeSIMです。

IIJmioのeSIMは、データ通信のみで、docomo回線を使うようになります。

eSIMとは…非カード型SIMのこと。一般的なSIMはカード型だが、eSIMはネットですべて完結しカード未挿入でも通信できる

 

eSIMの設定は、契約したらQRコードを読み取るだけでネットにつながります。むずかしい…と思うかもしれませんが、要はこういうこと。

  • 今まで ⇨ SIMカード挿してネット開通
  • eSIM ⇨ QRコード読み取ってネット開通

すごくかんたんです!

 

IIJmioのギガプラン(eSIM)をサブ回線として契約し、屋内のつながりにくさ対策をしましょう。

関連記事

楽天モバイル(通話専用)とIIJmio(データ通信専用)のデュアルSIMでスマホを使うこうりんまるです。   「楽天モバイルの通話だけ使う方法ってないのかな」「田舎で楽天モバイルを使いたいけど圏外が心配」とお悩みでしょうか[…]

まとめ

まとめです。

屋内の電波対策で得策なのは、サブ回線の契約。サブ回線でおすすめなのが、IIJmioのギガプラン(eSIM)です。

 

楽天モバイルの電波の悪さをサブ回線で補い、うまく活用しましょう!