【病院にWi-Fiなし?】10日間の入院で使ったギガ数(容量)は約50GB。楽天モバイルでよかった

「入院中ってどれくらいのギガ数使う?」「スマホのギガが足りないときどうすればいい?」とお悩みでしょうか。

 

結論、ぼくは入院10日間で約50GB(You Tube三昧でした)。それでもギガ数で困らなかったです。なぜなら、楽天モバイルを使っていたから。

 

突然の入院でしたが「楽天モバイル契約しててよかったぁ」と心から思いましたね。

 

本記事では、

  • 入院中に使うギガの目安
  • 入院などで一時的に使う容量が増えるときの対策
  • こんなときぴったりの格安SIM

を紹介します。

入院中どれくらいのギガ数(データ容量)を使う??

入院中にスマホを使うとしたら以下のアプリがあげられます。

入院中につかうアプリ 6つ

  • SNS系アプリ
  • 動画系アプリ
  • ゲーム系アプリ
  • 音楽系アプリ
  • ブラウザ系アプリ
  • 電子書籍系アプリ

では、この中で「いちばんデータを消費するもの」はなにか、「実際の消費量」はどれくらいかを紹介。結論は以下です。

詳しくみていきます。

通信量オバケは「動画系」

通信量をごっそりと持っていかれるのはやはり「動画系」です。

 

「動画系アプリ」にしなかったのは、SNSアプリにも動画があるから。Instagramのライブ配信やショートリールなどですね。

 

ぼくも入院中は動画を見まくっていましたが、とくにYou Tubeの通信量がやばかったです。

You Tubeは10時間で6GBの消費

You Tubeのデータ消費の目安を調べてみたら、ふつう画質(480p)で1時間で約0.6GBの消費

引用:iPhone修理工房 小松店 「YouTube通信量の目安」

データの消費量は媒体(NetflixやU-NEXTなど)で若干の誤差があると思いますが、You Tube10時間で約6GBの消費になります。

 

入院中の一日の通信量を確認したら約8GBも消費しててビビりましたが、You Tube見まくってたので納得です。

他アプリの通信量はそんなにかからない

動画さえ見なければ、ほかアプリのデータ消費はたかが知れています。LINEのやり取り、ネットサーフィン、曲のストリーミング再生と全然消費しません。

 

ただ、ゲームアプリはやや消費量が多め

人気ゲームアプリのデータ消費量

ツムツム 100分で1.5MB
パズドラ・モンスト パズドラ…1ダンジョン0.5MB、モンスト30分で0.6MB
プロ野球スピリッツ 30分で20〜30MB
荒野行動(FPS系) 30分で100MB
eFootball(サッカー) 5試合で100MB〜150MB
Kindle(1冊) 10MB〜300MB

FPS系やサッカーアプリは比較的多めの通信量ですが動画に比べたらデータ消費は大したことはなさそうです。

 

しかし、アプリのダウンロードやアップデートは多いものだと1GBの通信量がかかるものもあるので注意しましょう。

使うギガ数が一時的に増えるときの大前提と対策

入院などで使うデータ容量が一時的に増えるときの大前提と対策を紹介します。

大前提:ポケットWi-Fiは契約するな

まず声を大にしていいたいのが、ポケットWi-Fiは契約するな!です。

ポケットWi-Fiを契約してはいけない理由

  • 高い
  • 完全無制限ではない
  • すぐ解約できないし違約金がある

まず高い!相場4000円程度です。

 

そして「完全無制限ではない」というのは、3日間で10GBまでみたいな裏条件があります。(3日間で10GBって笑)

 

最後は、すぐ解約できないし違約金がある点。一時的な理由で契約するのに即解約不可は致命的(無駄金)ですよね。

 

しかも更新月以外での解約は違約金があります。

 

ただし、ポケットWi-Fiのほうが都合がいいのなら、楽天モバイルのポケットWi-Fiならおすすめできます。詳しくは以下の記事でまとめています。

ポケットWi-Fiの契約をしない場合の対策は2つ。

対策1:使えるギガ数(データ容量)を増やす

対策の1つ目が、契約しているスマホの使えるギガ数を増やす、です。基本的には20GBが最大かと思うので、最大の20GBプランに変更しましょう

 

しかし、この対策には欠点が2つ。

  • プラン変更の反映が翌月から
  • 最大20GBしかない

です。

 

入院が決まっていて極めて短期間の入院なら問題ないですが、急な入院や長期入院となるとプランの変更では対策ができません

対策2:無制限もしくは大容量の格安SIMを契約する

急な入院や長期入院の場合は、大容量プランのある格安SIMを契約しましょう。

 

格安SIMを選ぶポイントは、

  • 安い
  • とにかく大容量
  • テザリングもできる
  • 即解約OKの違約金なし

ですね。

 

とはいえ、なかなか大容量で安くて、即解約OKで違約金もない格安SIMってないんですよね。

 

しかし、1つだけあります。

【これ一択】入院などでおすすめな格安SIMは楽天モバイル【スマホ三昧・テザリングOK】

急な入院、短・中・長期入院とどんな状況でもピッタリな格安SIMは楽天モバイルです。というより、これ一択ですね。

 

ぼくも入院で「楽天モバイルでよかったぁ」と実感しました。

 

理由は4つ!

  1. 完全データ無制限
  2. どれだけ使っても3,278円
  3. テザリング無料
  4. 即解約OK・違約金なし

まず、なんといっても完全無制限でデータ通信がつかえる点。よくあるポケットWi-Fiのように3日間で10GBなどの条件がありません。

 

次に、価格の安さ。完全データ使い放題で3,278円という安さは楽天モバイルだけ。ポケットWi-Fiの相場とくらべても激安です。

 

そして、テザリングがつかえる点。PC作業とかしたい人はスマホをWi-Fi代わりにしてつかえます。しかも無料で。

 

最後は、楽天モバイルなら退院後、即解約OKで違約金も発生しません

 

しかし、心配なのは電波問題。つながるかどうかです。

病院内でもしっかりつながりました

ぼくの入院先の病院はバッチリ楽天モバイルの電波を拾っていたので、ガシガシスマホをつかえました。

ただ、どの病院もつながるとは限りません

契約前に入院先の病院に楽天モバイルの電波が届いているのか確認してみよう

「え?どういうこと?」って思ってるはず。

 

かんたんにいうと、今持っているスマホを使って、楽天モバイルの電波がその場にあるのか調べる方法があります。契約していなくても。

 

詳しくは以下の記事にまとめているので、試してみてください。電波が確認できたら、入院先の病院でも楽天回線が使える可能性大です。

関連記事

「楽天モバイルにしたいけど本当につながるか心配」「エリア内なのに楽天回線につながらない!?」 このように悩んでいませんか?   楽天モバイル公式エリアマップで提供エリアを確認できますが、嘘偽りのないエリアマップではありません[…]

まとめ

入院は楽天モバイル一択。

理由は4つ。

  1. 完全データ無制限
  2. どれだけ使っても3,278円
  3. テザリング無料
  4. 即解約OK・違約金なし

以上です。