田舎上司を楽天モバイルからpovo2.0へ乗り換えさせたら月額7000円の節約になった実体験

「最近楽天モバイルつながりにくくない?」「めっちゃストレスなんだけどどうすればいい?」と田舎上司からの相談。

 

上司の希望内容とスマホの利用状況(月のデータ使用量、なにに使っているか)をきいて、povo2.0をおすすめしたら月額7000の節約になりました。

 

楽天モバイルからpovoでそんなに節約できる?!と思うかもしれませんが、上司の楽天モバイルの使い方に約7000円の無駄があったんです。

 

楽天モバイルからどこへ乗り換えればいいのか悩んでいる人のためになればと思います。

上司の希望は「とにかく遅いのはやだ」「月7GBくらい」「安め」の3つ

上司が乗り換え先に求める条件 3つになりますね。上から優先順位が高かったです。

  1. 通信速度が速い
  2. データは7GBで十分
  3. 安いほうがいい

「速度は速いほうがいい!」とゴリ押し。
理由が楽天モバイルの電波に不満があって、読み込みの遅さやつながりにくさが契約時より目立ってきたようでした。

 

仕事中にグーグルマップ、昼休憩でスマホを使うので、速度は重要視されていましたね。

関連記事

「楽天モバイルの速度が最近遅い!イライラする!」なんて思っていませんか??   同感です。0円がなくなると新プラン(Rakuten UN-LIMIT VII)が発表されてから、速度が遅くなったような気がします。もう、乗り換え時[…]

IMG

上司のスマホ(iPhone11Pro)の利用状況を確認したら驚きの結果だった

乗り換え先の参考にするため、上司が今楽天モバイルをどんな感じで使っているのか聞いてみたら、使い方にムダがあって驚きでしたね。笑

データチャージしまくり

パートナー回線を使い切りデータチャージをしていました。1〜5GBのチャージができますが、MAXの5GB、約3,000円の課金です。

 

つまり、20GBまでの料金+データチャージ料で約5000円。ムダあり過ぎで、もう乗り換えは確定でした。

ホントは月14GBも使っていた

楽天モバイルアプリで月のデータ利用量を確認したら14GBの利用履歴が…。しかも楽天回線ではなくて、パートナー回線がほとんど。

 

結果、月7GBでは全然足りないことがわかりました。

主な利用アプリは6つ

データをなにに使っているのかを確認したところ主に使っているは6つのアプリでした。

主な利用アプリ(利用多い順)

  1. Instagram
  2. GoPro Quick
  3. ミュージック
  4. Yahoo!
  5. Google Maps
  6. LINE

InstagramとGoPro Quickはほぼ同じ利用量で、ダントツのデータ消費でした。

 

以上の使い方を見て思ったのが、InstagramとLINEのデータをフリーにできる格安SIMがいいのではないか。そしたらデータ容量も料金も抑えられるなと。

上司のスマホの利用状況と希望をふまえた候補は4つ

候補の理由と却下になった理由、またpovoにした理由をサクッと紹介していきます。

リンクスメイト(インスタ無制限)

リンクスメイトの候補理由

  • オプションでインスタがカウントフリーになる

却下になった理由

  • 知名度が低い
  • 通信品質が怪しい
  • オプションつけないと意味がない

IIJmio(希望の7GBに近くて安い)

IIJmioの候補理由

  • 希望の容量に近いプランがあった
  • 比較的安い
  • 老舗の格安SIMで安心感がある
  • アプリで管理しやすい
  • 事務手数料3,000円が無料になるエントリーパッケージがAmazonに売っている

 

却下になった理由

  • 実店舗がない
  • 昼などは通信速度が落ちる

僕も使ったことのある格安SIMで結構有力でしたが、通信速度が重要視となると、混雑時の速度減速は否めないのでなしになりました。

NUROモバイル(圧倒的安さ)

NUROモバイルの候補理由

  • 希望の容量に近いプランがあった
  • 3ヶ月毎のギガプレゼントがある
  • 使える容量に対して料金の安さが圧倒的
  • 初月の利用料が無料
  • キャンペーンで事務手数料3,000円無料
  • 通話料常に半額(専用アプリなしで)

 

却下になった理由

  • アプリで管理できない
  • 実店舗がない
  • 速度が遅くなるときがある

NUROモバイルもかなり魅力的な格安SIMなので候補として有力でしたが、やはり通信速度が落ちてしまうのは否めないので却下になりました。

 

またNUROモバイルは楽天モバイルのようにデータなど管理できるアプリがなく、ネットでいちいちログインしなければならないので、そこも理由としてありますね

povo2.0(高品質)⇨決定

povoを選んだ理由

  • 20GB使っても楽天モバイルの使い方より安い
  • 大手の通信品質
  • 格安SIMより速度でイライラする事が少ない
  • アプリで管理できる
  • 実店舗がある

かんたんにいえば、povoにするだけで、データをそこまで気にせず使えて、現状より格段に安くなるから。なにより、大手auの通信品質になるので、速度は格安SIMより保証できます。

 

また、有料になりますが、auショップに駆け込めば万が一のときも対応してくれるので、アフターケアの安心感もあってpovoにしました。

 

ただ問題点もあった…

問題点は、ネット契約になること。めんどうな作業を自分でやらねばならずネットに弱い上司からすればやりたくないこと

 

とはいえ、めんどうなだけで難しい作業はなく、かんたんに乗り換えられるます。

 

なぜなら、eSIMといって即時開通できるSIMタイプを選んだくらいなので、失礼ですがあの上司にできるなら誰でもできます!

上司が実際にpovoを使ってみて…

楽天モバイルからpovoに乗り換えてすごく感謝されました。

 

乗り換えてよかったことが、

  • とにかく速度でイライラする事がなくなった
  • データを追加しなくても使えるようになった
  • 楽天モバイルのときより安くなった

だそうです。

 

ただ、楽天モバイルの恩恵であった通話無料がなくなったのは少し残念なようでしたが、そこまで使うわけではなかったようなので結果オーライですね。

個人的にはNUROモバイルの「NEOプラン」もおすすめしたかった

これからpovoにしたいという人は、NUROモバイルの「NEOプラン」も検討してほしいですね。料金ほぼ一緒なのに、povoよりメリット多いんです!

NEOプランがpovoより優れているところ

  • povoより若干安い
  • 3ヶ月毎に15GBがもらえる
  • 余ったデータが繰越できる
  • 通信速度が専用帯域で比較的速い
  • 通話料が常に半額(専用アプリなし)
  • Instagramなどの主要SNSがデータフリー

データをそんな使わないなら、「NEOプランlite」でもOK。

 

povoより料金が安いのに、

  • 通信速度が専用帯域で比較的速い
  • 通話料が常に半額
  • 余ったデータが繰越できる
  • 使い切っても低速で1Mbps

ホント、メリット多すぎなんですよね。

NUROモバイルをおすすめしなかったのは上司がネットに弱いから

でも、おすすめしなかったのは、上司のネットの弱さ。これに尽きます。NUROモバイルは実店舗がないですから…。

 

自力で何でもできる人はpovoをつかうならNUROモバイルの「NEOプラン」を激推します!

まとめ

上司が楽天モバイルからpovoへ乗り換えた話でした。

 

上司と同じ境遇でpovoへの乗り換えで悩んでいるなら、乗り換えGO!ですね。個人的にはNUROモバイルもおすすめです!気になる方はぜひ。