【カメラ歴7年です】子どもの写真、きれいに残したいなら一眼レフ!【おすすめあります!】

  • 2020年9月10日
  • 2020年10月15日
  • LIFE
□ 子どもの写真をきれいに残したい
□ カメラほしいけど種類が多くて何がいいのかわからない
□ 初心者でもきれいに撮れる方法は?

こんな悩みに答えます。

 

・スマホより一眼レフにした方がいい理由
・おすすめのカメラ本体とレンズの紹介
・【すぐできる】プロっぽい写真の撮影方法

 

この記事を書いている僕は一眼レフカメラ歴7年。子ども写真歴1年弱。

インスタグラムには一眼レフカメラで撮った写真を載せています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こうりんまるBLOG(@kourinmaru_blog)がシェアした投稿

 

スマホより一眼レフにした方がいい理由

結論。一眼レフ一択ですね。理由は子どもがきれいに写るから

“きれいに写る” を今風にいうのであれば、”映え”。

さらに具体的に言うと「ボケ」がきれいに出て、子どもがとても際立つ写真が撮れるということです。

実際に見てみましょう!

【スマホの写真】

【一眼レフの写真】

この写真で見てほしいところは、背景の「ボケ具合」です。

一枚目は壁紙の模様が見えていますが2枚めはボケていてわかりません。特に2枚めはぬいぐるみを見てもらうと一目瞭然かと。

「ボケ」があることにより、余計なものが排除され子どもが「映え」るということです。

○ スマホでもボケるじゃん

確かにスマホでもボケます。今のスマホはAI機能により自動で背景をぼかしてくれます。

【AI機能によるボケ】

今の技術は恐るべし。

一眼レフならではの「ボケ」をAIで完全再現ですね。

でもなぜそれでも「一眼レフ」を推すのか。写真現像したときに大きく差がでるから。

どういうことか。

写真にすると画像が荒くなってしまうのがスマホ。そこはやはり一眼レフに軍配が上がります。

今回はあくまでも「きれいに写真を残したい」がテーマです。

 

【カメラ歴7年の男が愛用】カメラ本体とレンズの紹介

Canon EOS 80d


★ このカメラを選んだ理由 2つ

① ミドルクラス(機能多め)のカメラ本体が欲しかった

② バリアングルで自撮り可能

★ このカメラを選んで良かった点

① 設定により撮れる写真の幅が増えた

② いいカメラで撮ってるという自己満に浸れる

③ バリアングル便利(自撮りできるし、使わないとき裏向きで傷防止になる)

★ このカメラを選んで失敗した点

① 重い・でかい(持ち運び大変)


SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art A013 | Canon EF-Sマウント | APS-C/Super35


★ このレンズを選んだ理由 2つ

① よくボケるレンズがほしかった

② 全体写真ではなく、一つにフォーカスした写真を撮りたかった

例.コスモス畑(全体)ではなく

コスモス(フォーカスした写真)を撮りたかった

 

★ このレンズを選んで良かった点

① ボケて最高!

② プロっぽい写真撮れる!

③ レンズが小さい!(コンパクト)

★ このレンズを選んで失敗した点

① 重め

※重いけど安くてここまでボケるレンズは他にないので買う価値しかない。


基本的にはこれしか使ってませんね。

 

【すぐできる】プロっぽい写真の撮影方法

プロっぽい写真を撮る上で大事にしていること 2つ

1.写真構成
2.ボケ感
この2つのみ!
詳しく説明していきます。

① 写真構成

・引きで撮るより、アップで撮る

→引き

→アップ

 

② ボケ感

正直、これがあるだけでもうOKです。

ぼかすには条件があります。

それはなるべくF値が小さいレンズを購入すること。

F値とは…写真を撮るとき、レンズから光を取り込む穴の大きさのことを表す数値。

 

最後に。一眼レフで撮った写真集です。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ EOS80D

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art A013 | Canon EF-Sマウント | APS-C/Super35

レンズ高くて買えないという方は以下のような商品もあります。(わりかしボケます)

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM