iPhoneが高くて買えない!買うお金がないときに見直すべき固定費3つ

最新のiPhoneが高くて買えない。
型落ちのiPhoneで我慢するしかないのかな。
でも「Pro」ってつくiPhone使いたい!

 

こんなお悩みを解決していきます!

 

結論から。
買うお金がないって人は固定費を見直して、買うお金を貯めましょう

 

貯めるの時間かかるよって思いますよね。
1年だけがんばってください!
3つの固定費を見直すだけで10万円は貯められます。確実に
中には15万円ていう人もでてくるのではないでしょうか。

 

いつも廉価版のiPhoneや型落ちのiPhoneでがまんしているのなら、ぜひ固定費を見直して「Pro」がつくiPhoneを買いましょう!

 

iPhoneは年々高くなっている

 

iPhone高すぎ!

 

iPhoneが年々値上がりしててますよね。
なぜこんなにiPhoneが高いと思いますか?

 

✔ iPhoneが高い理由

  • 高くても売れるから
  • Androidが安すぎる
  • Appleでしか作れない
  • 古いiPhoneでも最新のOSを使える
  • iPhoneだから

 

以上のあたりですかね。

 

ちなみにiPhone 12 Proの原価ですが、驚きです。
原価、42,500円!!(Nikkei Asia調べ)
iPhone 12 Prpの価格が11万7,480円なので純粋に利益が7万2,280円になりますね。

 

原価安すぎ!
なんで?!

 

ここまで利益率を大きくできるのは、OEM生産をしているからだそうです。

 

OEM生産とは??
製造メーカーが他社ブランドの製品を製造することを指します。

引用:ferret「OEM(オーイーエム)とは?意味やメリット・デメリット、活用事例を紹介」

 

かんたんにいえば、iPhone作るのは他の会社に任せて、Appleは開発に専念しているということですね。
Appleが質の高いスマホを作れる要因の一つだと思います。

 

だから、みんなが買うし、みんなが求める価値があるんですね。

 

そのiPhoneを買いたい!けど買えない。
そんなときは、固定費を3つだけ見直して、買うお金をひねり出しましょう!

iPhoneを買うお金がないときに見直すべき固定費3つ

見直すべき固定費は以下の3つです。
今すぐにでも見直せるものを上げてみました。

 

  • 自動車保険
  • 生命保険
  • 通信費

 

通信費はとくに節約しやすくその金額も大きいです。
順番にみていきましょう!

 

自動車保険はネットで契約!

ネット自動車保険にしましょう!
インターネットで自動車保険を契約すると、「ネット割引」や「証券ペーパーレス割引」があるのでお得なんです。

 

ネット割引:だいたい10,000円〜20,000円の割引
証券ペーパーレス割引:だいたい500円の割引

 

自動車保険は絶対必要だから解約はできない。
だからネット自動車保険。そしたら月々1,500円くらい安くなったよ!

 

また、ネット自動車保険はクレジットカード払いができてポイントも付くのでさらにお得ですよね。

 

とはいえ、ネットの保険だとデメリットもあります。
商品を自分で選んだり、内容を自分で決めたりしなければならないこと
めんどうに感じるかもしれません。

 

ただ!
逆をいえば、自分で納得して保険にはいれるんです。
「こちらもどうですか?」という営業もなければ、騙されることもありません。

 

というのも、車両保険(自分の車の修理代)は新車には必要だけど、ある程度の年数が経ってる車なら入るだけ損になったりするんですよね。

 

なので、納得して内容も必要な分だけにし、自動車保険料をぐっと抑えましょう!

生命保険はひとつでいい!

次は生命保険の見直しです。
結論からズバッといきましょう!

 

万が一、自分が亡くっなってしまったときの保険「終身保険」のみで大丈夫です。
理由は以下の2つの制度があるからです。

 

  1. 高額療養制度
  2. 遺族年金制度

 

 

✔  ① 高額療養制度

高額療養費制度について

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。
上限額は、年齢や所得に応じて定められており、いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

引用:厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」

 

自分で医療費払えないってなったら、以上のように国が助けてくれる制度があるんです。
なので、がん保険は無意味であることが知られています。

 

✔ ② 遺族年金制度

遺族年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金です。

引用:日本年金機構「遺族年金」

どれくらい遺族年金てもらえるんだろう。

 

配偶者と子供2人なら、1,004,600円です。
わかりやすく解説されているサイトがありました!→「遺族年金はいつまで・いくらもらえる?支給条件などわかりやすく解説」

 

なので保険に入っていないとやばいって思うかもしれませんが、案外入っていなくても大丈夫なんですよね。

 

言葉はわるいですが、基本的に保険は人の弱みにつけ込んだ商品。
掛け捨ての終身保険ひとつで十分!

 

積立型の保険に入っているなら損切りしましょう。(そうしないと損失増えるだけですよ…。)
貯蓄をしたいのなら「つみたてNISA」をやった方がお金も増えるし節税もできます!

 

某保険会社で働いている友人がいるけど、自分たちのこと詐欺集団て言ってたな(笑)
ちなみに僕は、ソニー生命の掛け捨ての生命保険のみ
3,500円くらいです。

スマホ代は1,000円台に抑えて!

スマホはdocomo・au・SoftBankなどのキャリアで契約していますか?
なら、今すぐ格安SIMにしましょう!

 

もうキャリアは贅沢品です。
キャリアでの利用料って月々8,000円くらいですよね。
なかには1万円以上払っているという人もいるでしょう。
使い方にもよりますが、格安SIMにすれば、1,500円くらいですよ?!

 

僕は月々660円です。
ちなみに通話し放題の容量が5GBですね。

 

キャリアでもahamoとかpovoとか安いプランが出たから、それにするって人もいるでしょう。
あれって20GBも使っていないなら損ですよね。
使っていない分安くできるはずなので。

 

格安SIMなんて、よくわかんないし怖いと思うかもしれません。
ぼくも格安SIMを使う前はそうでした。

 

でも、使ってみると全然そんなことはなくて、キャリアとの質の差もそこまで大きくは感じません。
節約できる金額も大きいですし、すぐ格安SIMに乗り換えましょう!

 

まとめ:1年がんばって貯めたら買える!買ったあとも家計に余裕がでるよね!

ハイエンドモデルのiPhoneを買うために、固定費を見直してお金を貯めましょう!というお話でした。

 

iPhoneを買うお金がないときに見直すべき固定費3つ

  • 自動車保険
  • 生命保険
  • 通信費

 

一つずつやると時間がかかるかもしれませんが、節約はiPhoneを買うためだけではなく、お金を稼ぐよりも重要なことです
家計に余裕もでます。

 

今月中に一つずつ見直しをすすめていきましょう!