太れない子供が健康的に体重を増やす方法

  • 子供が食べても太らない
  • 痩せ過ぎてて心配
  • 標準体重にしてあげたい!

そんなお悩みを解決していきます。

 

子供たちは成長するにつれて体重が増えますが、体重が標準より少ない子供もいます。
親であれば、心配になりますよね。

 

では結論から。

太れないもっとも一般的な理由が、カロリー不足ですね。
しかし、他にもいくつかの原因があります。

 

この記事は、体重が増えない原因と、子供の体重を増やすために親としてできることをまとめていますので参考にしてください!

 

太れない原因 4つ

  • カロリーが足りていない
  • 食が細い
  • 消化機能が弱い
  • その他

順番に見ていきましょう。

 

カロリーが足りていない

太れない原因のほとんどは、カロリー不足です。

摂取カロリーと消費カロリーバランスによって、痩せるか太るか決まります。

表にすると、

摂取カロリー > 消費カロリー ⇨ 太る
摂取カロリー = 消費カロリー ⇨ 現状維持
摂取カロリー < 消費カロリー ⇨ 痩せる

です。

 

 
「3食」きちんと食べてるのに太れない!

 

消費カロリーを上回る3食でしょうか。
「3食」きちんと食べていても消費カロリーが多いと太れません。

 

「摂取カロリー>消費カロリー」な食事を意識してみましょう!

以下でどれくらいカロリーが必要かを調べられます。

一日の総消費カロリーを計算する

食が細い

一度にたくさん食べられないって、痩せ型の人あるあるですよね。

おかずを食べているうちに主食を食べられなくなったり、汁物を飲んだらお腹いっぱいになってしまったりします。

 

低カロリーなものでお腹いっぱいになってしまわないように、少量でもバランス良く栄養が摂れるようにするといいですね。

 

消化機能が弱い

子供の消化機能はまだ未発達です。

消化酵素の分泌は増えてきますが、消化機能はまだ未熟。大人とほぼ同じ消化機能が育つのは、8歳ころと言われています。

引用:生活協同組合おおさかパルコープ  悩んでいませんか?離乳食~幼児食っていつからいつまで?

なので、食べものを消化しにくかったり、栄養が吸収されにくかったりします。

 

また、食べ過ぎやいつも食べないようなものを食べると、お腹をこわしてしまうこともあるので、無理な食事は避けたほうがいいですね。

 

その他

その他の原因としては、

  • アレルギー
  • ストレス
  • 食事の偏り
  • 胃下垂
  • 体質や遺伝

などです。

 

ただ、医学的なことはこの記事ではアドバイスできません。

専門的なところでアドバイスを貰うのも一つの方法ですよ。

太れない子供が健康的に体重を増やす方法 6つ

ただ太るだけではなく、健康的に体重を増やすための方法を6つ紹介します!

  • 一日の食事の回数を増やす
  • カロリーと栄養が豊富なものを食べるようにする
  • 水分でお腹いっぱいにならないようにする
  • 積極的に運動をする
  • しっかり寝る
  • 栄養補助食品で補う

順番にみていきましょう!

一日の食事回数を増やす

一度にたくさん食べられないですよね。
3食⇨5食くらいに増やしてみましょう

 

食事の回数を分けて、カロリーを摂る戦法です!

 

以上のような方法を分食といいます。

 

分食とは、1日3食にこだわらず、1日4~5回の食事を摂ることです。

引用:MORINAGA  体重を増やす方法。太りたいならプロテインを活用する!

 

つまり、間食を取り入れていくということですね。

高カロリーな間食にするとより太りやすくなります!

 

間食におすすめな高カロリーの食べ物

アイスクリーム(高脂肪) 100g 212kcal
ピーナッツ 100g 592kcal
チョコレート 100g 558kcal
フライドポテト 100g 237kcal
ポテトチップス 1袋60g 337kcal
チュロスキー 1個

447kcal

 

分食は、胃腸への負担も少ないのでおすすめです。

 

カロリーと栄養が豊富なものを食べるようにする

3食はカロリーと栄養価の高い食べものを意識して取り入れてみてください!

 

✔ 子供のための最高の体重増加食品

  • いも類…栄養価が高く消化しやすい
  • …体重を増やすのに最も人気
  • バナナ…1本約105kcalもある
  • 乳製品…脂質が豊富。消化改善にもなる
  • 鶏肉…消化しやすいタンパク質
  • ドライフルーツ…豊富な栄養素
  • ナッツ類…小さいのに高カロリー
  • アボカド…ビタミン、脂質がたっぷり
  • ギー(バターをろ過したもの)…奇跡のオイル

 

上記の食べものは、カロリーが高いだけでなく太るための栄養素が豊富です。
さらに、健康的な食品でもあります。

 

栄養価の高くカロリーもある食材を使って、子供が喜ぶレシピを試したら、より効果的に体重を増やしていけますよ。

 

水分でお腹いっぱいにならないようにする

炭酸やお茶などカロリーの低い飲み物で、お腹が一杯にならないように注意しましょう。

 

 

水分補給はたしかに重要です。しかし、
食欲を促進するために、食事時に飲み物の前に食べ物を提供してみてください。

運動は積極的にする

運動をしましょう!
なぜなら、インスリンの働きがよくなるから。

 

インスリンは「太るために必要なホルモン」なんです。

 

インスリンは『太るために』必要なホルモンなのです。インスリンは膵臓から分泌される血糖を下げてくれるホルモンですが、血管の中の糖分を、血管の外に出してくれる働きがあります。

引用:京都糖尿病相談室  食べても食べても痩せる

 

 
どんな運動をさせてあげればいいんだろう。

有酸素運動といわれる運動をするといいですね。
イメージは全身運動です!

 

✔ 家でもできる有酸素運動

  1. トランポリン
  2. なわとび
  3. バランスボール
  4. フラフープ
  5. Nintendo Switch  リングフィットアドベンチャー

 

習い事ならスイミングとか王道ですね。
楽しめる程度で運動をしてみましょう!

 

しっかり寝る

しっかり寝られるようにしましょう!
子どもにとっての睡眠は、成長には必須です。

 

睡眠不足だと…

  • 筋肉量が低下する
  • 疲れやすくなる
  • 体調不良を起こしやすくなる
  • 朝起きられなくて、朝食が食べられない

 

いいことが一つもない上に、どれも体重減少につながってしまいますよね。

年齢別に、理想の睡眠時間をまとめました!

3歳から5歳 ⇨ 11〜13時間
6歳から13歳 ⇨ 9〜13時間
14歳から17歳 ⇨ 8〜10時間

引用:保育のひきだし  子どもの理想の睡眠時間はどれくらい?理想の時間と早寝の秘訣を紹介

 

夜寝られない場合は、早起きを意識するといいですよ!
自然と夜に眠くなるようになります。

栄養補助食品で補う

おもに、プロテイン。
プロテイン=タンパク質です。
成長期は、一生のうちで一番タンパク質を必要とする時期なんです。

 

■タンパク質の必要量(厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015より抜粋)

  男性 女性
  推奨量(g/日) 推奨量(g/日)
1~2(歳) 20 20
3~5(歳) 25 25
6~7(歳) 35 30
8~9(歳) 40 40
10~11(歳) 50 50
12~14(歳) 60 55
15~17(歳) 65 55
18~29(歳) 60 50

 

特に子供は、特別な運動をしていなくても十分にタンパク質を摂取する必要があり、大人とほぼ同等量を必要としています。

引用:glico プロテインで身長が伸びなくなる?子供の成長への影響とは

 

 
子供にプロテイン飲ませていいの?悪影響はないの?

 

「ジュニアプロテイン」といって、子供のためのプロテインがあるんです。

 

ジュニア用はタンパク質はもちろん、子供に不足しがちな栄養素(カルシウム・鉄・ビタミンD)がバランス良く含まれています。

 

ジュニアプロテインを飲むことで、発達への影響など、何かデメリットはありますか?

プロテインを飲むと「ムキムキにならないか?」「身長が伸びないのではないか?」「太らないか?」などのご質問をいただくことがありますが、そのようなことはありません。

引用:SAVAS for ジュニア  よくある質問
 
上記にもあるように、プロテインだけ飲めば太るかと言ったらそうではありません
あくまで、サポート役です。
 
とはいえ、プロテインもカロリーがあります。
上手にプロテインを取り入れて、体重増加を目指してくださいね!

「食事」「運動」「睡眠」で健康的に体重を増やしてみましょう!

いかかでしたでしょうか。

基本は、

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠

です。

 

十分なカロリーを摂りつつ、しっかり体を動かし、きちんと寝る時間を取ることが健康的な体作りにつながります。

 

問題はカロリーの摂り方。
分食を試したり、高カロリーなものを意識して取り入れてみたりしましょう。

 

不足している栄養素は、プロテインなどの栄養補助食品を上手に取り入れるといいですね。